ドッグカフェに行く前に準備しておきたいグッズと心構え

愛犬との食事を楽しむだけでなく、飼い主たちの交流の場としても親しまれているドッグカフェ。
犬を飼っているなら、一度は行ってみたいという方も多いのではないでしょうか。
ここではドッグカフェに行くときに準備すべきグッズと心構えについて紹介します。
ドッグカフェに持参したいアイテム
  • リード

    ほかの利用者への配慮はもちろん、犬同士のトラブルを避けるためにも必ず装着してください。
  • マナーベルト

    店内でのマーキングや、粗相を防止するために役立ちます。
  • カフェマット

    愛犬を床やイスなどに座らせるときに使用するマットです。
  • 犬用の飲料水と器

    サービスで提供してくれるお店もありますが、念のために持参しておけば安心です。
  • 衣服

    毛が抜けやすい犬種であれば、可能な限り着用させましょう。
  • ビニール袋、ウエットティッシュ

    万が一、店内で粗相してしまったときに使用します。
ドッグカフェで気を付けたいルールやマナー
  • 最低限のしつけはマスターさせる

    「オスワリ」「フセ」「マテ」「ダメ」など、基本的なコマンドは覚えさせてください。また、日ごろから人やほかの犬に慣れさせる、無駄吠えさせないようにするなどのトレーニングも行いましょう。

  • 混合ワクチン・狂犬病予防を受けておく

    愛犬の身を守るためにも、ドッグカフェに行く前には必ず混合ワクチンと狂犬病予防を受けてください。未接種の場合は利用を断られるケースも多いです。

  • ヒート中(発情期)は利用しない

    ヒート中に放出されるニオイには、オス犬の性的な神経を刺激する成分が含まれています。オス犬を連れた利用者の迷惑になるので、ヒート中の利用は控えましょう。

  • 事前にトイレを済ませる

    店内での排泄は厳禁。できれば事前の散歩などで愛犬に排泄を促しておきましょう。万が一、店内で粗相してしまったときは、持参したグッズで速やかに掃除してください。

  • 入店前には愛犬の汚れチェックを

    ドッグカフェは飲食物を扱うお店ですので、衛生面への配慮が必要です。入店前には、愛犬の足やおしりが汚れていないか必ず確認しましょう。

  • 人用に提供された物は与えない

    愛犬の健康を損なわせる可能性がありますので、人間向けの料理や飲み物を食べさせないようにしましょう。また、使い終わった皿を舐めさせる行為は、マナー的にも衛生的にもNGです。

※ここで紹介した内容は、あくまで一般的なドッグカフェのルールになります。細かいルールはお店によって異なるので、足を運ぶ前にHPや電話で確認しましょう。